guinomi
「ぐい」
主人公。名前の由来は「ぐい呑み」のグイだが別説もあり。そのうち明らかに。斜めがけ鞄を愛用しており四合瓶2本まで入る。

ochoko
「おちょこ」
「ぐい」の日本酒友。冷静な突込みが持ち味。リュック派で四合瓶を3本入れてさらに2kgの味噌まで入れて持って帰った伝説がある。

nesan
「姐さん」
某酒店のおかみさん。ていうか看板娘。お店の試飲会で初対面なのに持ち前のキャラで「ぐい」と「おちょこ」を虜にし絶大な信頼を得ている。